東京21法律事務所所属

弁護士 広津 佳子  Lawyer Keiko Hirotsu Official Site

ブログ
2020/8/10
「さぼる勇気」
 「さぼる勇気」とは、奇数月に発行される、有斐閣の書斎の窓2020年7月号の東京大学名誉教授の中山信弘先生のエッセイのタイトルです。
 このエッセイによると、中山先生は、中学生のときに急性腎炎を患い、35歳(昭和55年)の時に腎不全で尿毒症となって人工透析を開始され、以後、週3回の人工透析を受けられ、途中、合併症や癌などに罹患し、途中3回もご葬儀の写真を交換しながらも、現在の75歳になっても、お元気でおられるという、素晴らしい先生です。そして、入院して透析を開始して3か月経過し、大学の勤務に復帰された際に、東大の商法の竹内先生から、「さぼる勇気を持ちなさい」と言われたとのことでした。竹内先生も、結核病のため、肺を切除されておられ、当時は、「結核にあらずんば学者にあらず」と言われた時代であったそうです。中山先生は、竹内先生に言われるまでは、「盡人事而待天命」を座右の銘にして、がむしゃらにがんばってきたそうです。それ以後は、「さぼる勇気を持つ」を座右の銘に加えたものの、「さぼれ」と言われても、どこまでさぼってよいか分からず、中山先生は、「選択と集中」という意味ではないか、学問以外の仕事を断れという意味ではないかと考えたそうです。しかし、東大の先生方は、政府の審議会の委員など、学外のお仕事も多く、特に、中山先生のご専門の知的財産権法の分野は、当時は、学者が極端に少ない上、頻繁に法改正が行われ、「余人をもって替え難い」という官僚からの殺し文句もあり、「選択と集中」ができなかったと反省をされておられました。東大の星野先生も、入院中、中山先生のお見舞いに来てくださったが、枕元に積んであった法律の本を見つけて、星野先生から、「こんな本は、即刻家に戻しなさい」とお叱りを受けたとも書いてありました。

 自分が大学時代にご指導を受けた民法と商法のゼミの先生方を拝見していても思いましたが、体力面でハンディーがあっても、中山先生を始め、中山先生のエッセイに出てくる著名な諸先生方の真摯で謙虚なお人柄に、心を打たれました。自らの法律分野の研究を積み重ねることで、社会に貢献するという強い意思と高い倫理観をお持ちと思いました。

  私の場合、経年とコロナ禍の運動不足のため、腹囲の大幅増(+体重増)という先日の健康診断の結果に慌て、運動だけは「さぼってはいけない」と、選択と集中の重要性を痛感した次第です。
 皆様のご健康を祈念しております。
2020/3/1
映画 「フォード&フェラーリー」を拝見いたしました
 新型肺炎の感染拡大の影響で、日曜日の銀座は閑散としているかと思いましたが、本日3月1日の銀座の歩行者天国には、結構な人がおられ、映画館にも、そこそこ人が入っていました。私は、本日、日本で公開されて1か月以上経過した「フォード&フェラーリー」を拝見しましたが、実に面白い映画でした。

 私は、カーレースのことは全く分かりません。しかし、フォードが、ル・マンを制覇していたフェラーリーを打ち負かすために依頼をした、元カーレーサーでル・マンの24時間耐久レースを制覇したこともあるカー・デザイナーとカー・デザイナーから依頼をされた才能は高いが協調性のない天才ドライバーの2人が、フォードという企業の組織の論理に翻弄された様子に加え、創業者の祖父から引き継いだフォードの2代目CEOの言動も、見ていて興味深いものでした。
 天才ドライバーは、フォードのマスダンクの発表会でも、開発責任者にひどい車だと面と向かって言ってしまう程、協調性に欠けた人物として描かれていました。

 2人は、フォードからル・マン制覇を依頼されたはずなのに、フォードには別のル・マンチームが作られ、別のチームのほうがアサインされた人材も豊富で、燃料や部品の交換の作業もスピーディーです。最後は、自分を信じるしかない状況下でのレースでした。
 
 まさに、天才カーレーサーは、自分が改良に改良を重ねて開発した自動車と対話をしながら、アクセルを踏んで速度を上げて走行し、フェラーリーも追い抜かれまいと速度を上げた瞬間に、フェラーリーは故障し、リタイアします。私は、“自分を信じ切った結果”の勝利と理解いたしました。

 しかし、この天才カーレーサーは、ル・マンで優勝することができませんでした。ル・マンの1位、2位、3位は、フォードが独占することが確定した瞬間、フォードという企業の論理は、今後の販売戦略に利用するべく、この3台が同時にフィニッシュすることを求めます。天才カーレーサーは、最初はその指示に従わず、自分のレコードを次々に更新していきますが、自分の前後には、もはや自動車が全く見えず、自分の思った走りができていることに感謝をし、涙を流して「HAPPY」と言った後に、フォードの指示に従って、速度を緩める場面は、とても印象でした。
 そして、最後は、同着であっても、後方からスタートをしたフォードの別チームのほうが1位となったわけです。
 
 職人や天才たちの思いは、必ずしも、競争という現実社会では「勝利」に結び付くわけではないのが現実ではありますが、最後まで自分を信じ切った者の幸せも感じた映画でした。
 そして、デイトナとル・マンのレースのシーンは、非常に迫力があり、私もドキドキしながら見ていました。公開直後、アメリカで評価が高かったのも、うなづける映画でした。
2019/12/31
本年もお世話になり、ありがとうございました。
3か月ぶりのブログです。
今年の10月19日(土)は、京都の建勲神社の船岡大祭に参加いたしました。
建勲神社は、織田信長公を御祭神とし、毎年、信長公が上洛をした10月19日に大祭を行っています。
毎年、鉄砲隊の火縄銃の実演が見物で、すばらしい迫力でした。
お祭りの様子は、NHK京都の夜のニュースで放映され、我々夫婦の姿も映っておりました。

年末には、12月20日公開の「スターウォーズ」と「アナと雪の女王2」を拝見しましたが、フォースと魔法という、時間と空間を超える世界を垣間見ました。
スターウォーズの主人公レイが最初に行った惑星では、42年に1度のお祭りの最中でしたが、ネット情報によると、スターウォーズが最初に公開されたのは42年前なのだそうです。
42年前には、世界の多くの人がスマホを持ち歩いてインターネットでつながることができること誰が予想することができたでしょうか。

11月に参加したセミナーで、AI技術は、人間の機能を拡張する方向で研究と開発が進み、2030年には空間を超えることができることを知りました。そして、時間も超えて、過去の偉人のデータを分析し、映像に顕れた過去の偉人と会話をすることができるようになるそうです。単一の基準により選別された情報が社会を分断していたこれまでの時代から、2045年頃には、時間と空間を超えた多様な価値観を背景にした体験化社会に移行するようです。
顔その他の生体認証技術で、犯罪や不正行為はすぐにバレてメリットがないため、2030年頃になると、おそらく、犯罪者も不正行為もなくなると思っています。
この2本の映画を見て、私は、そんな将来の姿を感じました。

他方で、本日ゴーン氏が日本を出国してしまったというニュースが流れていました。
出入国時には顔認証システムが使われていても、協力者(警備会社)もいて荷物(楽器箱)に隠れて出国したとすれば、チェック体制が不十分であったことは否めません。来年は東京オリンピックも控えていますので、まだまだ当面の課題は山積です。

2030年以降は、今とは全く違う時代がやってくることを念頭に、来年は、さらに努力を続けたいと思います。
皆さま、どうぞ、よいお年をお迎えください。
2019/9/23
映画「ROCKETMAN」を拝見しました、普通でいることの難しさ
 この連休中に、エルトン・ジョンの半生を描いた「ROCKETMAN」を拝見しました。有楽町の映画館は、満員で、人気の高さをうかがえました。
 ボヘミアン・ラプソディーは、Queenの曲が多数使われておりましたが、この「ROCKETMAN」においても、エルトン・ジョンの曲が20曲以上も使われ、また、ミュージカル仕立てで、興味深く拝見しました。両作品は、監督も同じです。
 エルトン・ジョンは、アルコールやドラッグ、買い物、処方薬などの依存症や過食症に悩まされ、依存症更生施設に入所し、グループミーティングの場で、自分の幼少時からの話をするという構成で映画は進んでいきます。
 一度音楽を聴けば、すぐにピアノを弾くことができ、歌詞を見れば楽曲が湧いてくるというという天才のエルトン・ジョンが、「普通がよかった」と劇中で語っていたのが印象的でした。

 先の台風15号により、いまだ千葉県内の停電が続いている状況もあり、「普通に健康に過ごすことができる」ことを心から幸せに思うべきですが、最近は、「普通でいる」ことは、難しい気がいたします。

 「普通でいる」というのは、どういうことなのか、私は、最近、考えることが多くなりました。政府は、最近、AIやIoT、通信に関する研究会等を数多く開催しています。内閣府の経済社会総合研究所は、9月に「AIは労働者の代替か、補完か」というタイトルで英文の論分を公表しています。
この論文の内容ですが、
 まず、新しいデジタル技術の導入の影響について、(1)労働時間と業務の非定型性の変化、(2)職場における雇用者数の変化に着目し、独自のアンケート調査に基づき、技術の導入前後でのDifference-in-Differences分析を行った結果、
AIなどの新しい技術の導入は、
(1)労働時間を減少させ、反復の少なさでみた業務の非定型性を増加させること、
(2)正規雇用を増加させることが明らかとなった。この結果から、AIなどの新しい技術は、労働代替でもあり、労働補完でもあると言える。」という結論になっています。
 ただ、この論文の中には、decision-making と communicationの領域では、AIは広がっておらず、それは、creative intelligence の分野及びsocial intelligenceの分野と一致しているという記述があります。
 企業のトップに要求される意思決定や社会的な知能が必要とされる分野が、AIが広がっていない分野なのですから、これらの分野は、これまでの「普通」という基準では、遂行できない分野のような気がいたしますし、何のためにやっているのかという「心根」が、より重要になってくる気がいたします。まずは、我々が、地域や環境に対して貢献できることを実行していくことが大切だと思っております。

 映画「ROCKETMAN」を見ながら、こんなことを考えました。
 千葉県館山市出身のX JapanのYOSHIKIが、館山市に1000万円を寄付したというニュースに触れましたが、彼が千葉県出身であることは、「跳んで埼玉」という映画を見て、初めて知りました。私は、埼玉県で育っておりますが、千葉県と異なり、埼玉県は狭くて海もありません。映画では、さんざんな描かれ方をしていた埼玉県でしたが、今回は、海もなくその小ささゆえに、台風の被害も小さくて済んだのかもしれません(笑)。
2019/7/16
7pay騒動
7payの不正利用、7IDの認証システムの脆弱性などにより、7月11日は、セブンイレブンの日なのに、7payは利用停止状態のままです。

私は、PASMO、Suicaのような交通系の電子マネーは使いますが、Pay PayやLINE Pay、おサイフケータイ機能も使わず、不正使用の被害とは程遠い生活を送っております。

先日、ラジオを聞いていましたら、「同僚と一緒に食事をしたら、お財布を出したのは自分1人で恥ずかしかった」という視聴者の声を紹介しておりました。この放送を聞いた私は、さっそく、事務所近くのコンビニで、どれだけの方がお財布を出すのか見ておりましたが、銀座という場所柄故でしょうか、私が目にした方全員が、お財布を出して会計をしておりました。正直、安堵いたしました。
私の一番近くにいる夫は、今でもスマホすら持っておらず、ガラケーを使っております。ガラケーはなくなるどころか、進化もしているようです。

アフリカは、スマホの爆発的な普及で、決済機能や物流サービスを提供するスタートアップ企業が次々と誕生し、政府の代わりにビジネスインフラを提供することで、世界のどこの国のバリューチェーンにも結び付く可能性があります。日本の経済産業省が毎営業日発信している、「MET Journal」の7月特集はアフリカで、日本政府も注目しています。夫のようなdeveloping personのほうが、爆発的な変化や躍進の一番の可能性を持つのかもしれないと思いました(笑)。
RSSアイコンRSSフィードを購読