東京21法律事務所所属

弁護士 広津 佳子  Lawyer Keiko Hirotsu Official Site

ブログ
2014/9/27
花子とアンが終わりました
 本日で、NHKの連続ドラマ小説「花子とアン」が終わりました。事務職員と事務所で昼食をいただきながら、昼の12時45分からの連ドラの再放送を見るようになったのは、「あまちゃん」からの記憶です。原作「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」も読みました。事務所の近くの書店「教文館」(ドラマの出版社「聡文堂」のモデルでしょうか)では、「花子とアン フェア」を開催中です。この教文館ビルの6階に、白蓮氏の夫の宮崎龍介氏が法律事務所を構えていたそうです。
 
 ドラマでは、「赤毛のアン」の翻訳の一部の言葉として、「曲がり角の先には一番よいものがあると思うの」という趣旨のフレーズがありました。しかし、私は、「曲がり角の先」には一番よいものがあるとは思えません。その時に解決するべき別の課題を抱えるだけで、肯定も否定もできず、受け入れるのが精一杯だと思います。ただ、一生懸命取り組んで、時がたつと、結果はどうであれ、その時の課題、取組みに感謝ができるように思います。

 来週から、ニッカウヰスキーの竹鶴政孝氏をモデルとした「マッサン」が始まります。アニメの舞台に限らず、ドラマのロケ地をたどる聖地巡礼の旅、今度は、広島の竹原に行ってみたいと思い、夫に行こうと言ったところ、夫は、「広島の竹原は、アニメ『たまゆら』の聖地でもある!」と満面の笑みを浮かべていました(笑)。
RSSアイコンRSSフィードを購読